2018年07月19日

早くも「夏枯れ」かも

暑い。外での仕事はキケンだ。

でも大丈夫だ。
ヒマだから家の中でゴロゴロだ。

あー、てなわけで、最近むちゃくちゃヒマになりました。
早い夏休みに突入してしまったか?
勘弁してほしいくらいヒマですねぇ。。
言い換えれば仕入れが無いってことなんで、やることが無い。
困ったもんだ。

基板屑の発生自体はそんなに変わらんとは思うのだが・・・変わってるのか?
私のお客さんのところに入荷が少ないってのもアリだけど。
基板の扱い業者が増えてるのも一因だな。
私より高い値段で買ってたら、多分赤字だよ。
オクトレは4・5・6月と赤字だったし、いつも頑張って買ってるけど、頑張って買うから赤字なんだよね。
さらにその上の値段で買ってくなんて、そんな商売よくやるわみんな。

雑品がダメになって、焼き場のJXに多大な影響が出てます。
今まで貿易で行ってた基板内蔵の機器(ガワがプラとか)が殺到してて、JXも捌ききれないため、納入制限が掛かってます。
三マテも低品位基板は制限を掛けており、三井も広島豪雨の影響が出てます。
どうなることやら・・・

ここ半年くらい、UPSとかのバラシで出る基板が増えました。
この基板ですが、ほぼ電源基板の見た目で、多少IC類が付いてて、電源よりチョイマシかな?程度のもんです。
こんなんがスゲー増えてて、まぁ、輸出がダメだからなんだろうけど、ヤマが低品位規制を敷いたらコレも行き場が無くなっちゃうよね。
この手の低品位が増えたわりに高品位モノが少ないなぁ。
2トン車で1発300万400万の仕入れがほぼ皆無になりました。
ううむ、時代なのか?

現在部屋の中ですが、気温は30.3度、湿度は77%、蒸し暑いです。
今日は曇ってるので、気温はまだマシなほうですね。

では、このままお盆休みに突入しそうなオクちゃんでした。。


2018年04月21日

基板買取依頼が多くて回収大変だけど、今日はヒマ

あ〜あ、久しぶりに更新ですね。
今日は朝一仕事終えちゃったんで、ヒマだし久々の更新と相成りました。
今日は夏だよ、暑いね〜。

■なんかねぇ、最近結構バタバタしてますよ。
今は雑品荷止めの影響からか、電源系の低品位基板の話が多いかな。
UPS(無停電電源装置)のバラしが多いのか、その手の基板が目立ちます。
ま、今までバラさずそのまま行ってた通信系の配電盤なんかもバラすのが増えてきたのか、高品位の通信系基板もボチボチ入荷してきております。。
このペースで仕事が増えていくと、今のちっこい2トン車では追いつかなくなりそう。
その2トン車も今40万劼如△海海鵑箸海覆鵑ガタガタうるさいし、そのうちまた壊れそうです。
ただねぇ、まだ5年経ってないし、出来ればあと3年半は乗りたいし、ということで70万劼郎把磴發辰突澆靴い箸六廚Δ鵑任垢韻鼻

■香港の廃基板の山はそうとうらしいですね。
中には逃げちゃったヤツもいるようで、中国の廃品輸入規制の余波は確実に蔓延しとると。
今まで高いワイロ使って入れてた中国が全然ダメになっちゃって、結果行先無くて困ってるようなんだけど、そんな中でも日本向けに出す時は高値吹っ掛けたりするから余計に売れなくなっちゃうんだよな。
平気でアンコしたり、中身が違って低品位だったり、金抜きしたあとの詐欺基板だったり、まぁ、今まで色々とやっちゃったりしたから、日本人の基板バイヤーは置場買いでは買いたくないよ。
今後は日本のヤマ向けでの「検収上がり」で売ってくしかないんじゃないかなぁ。
今まで基板を香港向けで出してた他の東南アジアの国々も、もう出せないから日本向けにオファー掛けてくるのも増えてくるかも。
ただ、私は買いませんけどね。

■日本国内で家電やらなんやらを解体して基板を取り出すのに、許可が必要になってきました。
電子機器を解体する事業者は環境省の許可を取って、自社の作業場に、なんだっけか?有害電子機器解体作業所?みたいな看板出さなきゃならんらしいが、ただでさえ怪しい雰囲気のある屑屋でそんな看板出せねーよって。
これは中国系の締め出しが一つの目的でもあるらしいけど、障害者・助産施設みたいな作業所でも委託などで基板類を取り出すために電子機器を解体しているところもあるわけで、そんな施設が住宅街のド真ん中で「有害」の看板は出せないよねぇ。
しかもその許可がいらないのは、作業所が100平米未満とか。
100平米なんて10m×10mだぜ〜、普通ねぇだろそんな狭い作業所。
ま、ウチは作業スペースだけだと4m×4m位しかない極狭だけどね。
そもそも解体する前の電子機器が「有害」なのか?というのもあるわ。
みんなそんな有害な電子機器を使ってるの?みたいな・・・
ま〜有害の文字は必要ないと思いますね。。

さて、今日は天気も良いけど回収もなくてヒマなので「有害電子機器」の解体でもやろうかな。
では〜。。

2018年01月01日

さて、年が明けました!今年も基板ハンターは走り回ります!

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

浜松は良く晴れて、気持ちのいい元旦の朝を迎えました。
平和だのう〜。
今年もなんやかんや全国走り回って基板狩りに勤しむことになるでしょう。

私の場合、自分専用のヤード=置き場を持っていないので、基本的には持込を受け入れることができません。
不便ですねぇ。
また、持込に対応してしまうと、今度は回収へ出ることができなくなります。
体は一つなので、私は回収を選びました。
ビジネスを行う上で、取引先は「広く深く」が元も良いと思われますが、私の場合、最も良くない「狭く浅く」なんですね。

ビジネスの現場では、取引先が多くなればなるほど深くなればなるほど「トラブル」が多くなります。
広く多くなれば事務的現場的なトラブルが増えるし、深くなると「人間的な」トラブルが増える。
取引が無くなるようなトラブルなんてそうそう有りませんが、何かことが起きた時、それを解決するには相応の労力が必要になります。
その労力はカネを生むわけでは無く、無いに越したことは無い。
そういうことに見合う一番のスタイルが「狭く浅く」なんですね。

私の場合、取引先はプロの屑屋限定でしかも回収オンリーというのが基本です。
もちろん「基本」なので、一部例外もあります。
メーカーや工場などの直取引は、箱を置けとかISO取れとか契約がどうとか何かとめんどくさいのでやりません。
ブツ見て値決めして現金数えるか振込かで決めて、ハイ「シャンシャン!」パンダか?
んで、トラックに積んで帰るだけ。

持込も宅急便程度なら受けてますが、その場決済で立ち会い必須になる4トン車から大型の持込は、取引先の一部を除いて基本やりません。
その場の決済が必要でない場合で、事前に把握できているものは受け入れできます。
その場合は私の仲間のヤードに降ろしていただくことになります。

殆どの場合、私が客先を訪問した際に私の小さい2トン車では運べないほど荷物が多い時で、しかも4トン以下の場合に運送屋を使って持ち込む感じです。
特に大型1車あれば客先からヤマに直送するので、持込頻度が非常に少ないです。
ま、考え方にもよりますが、私が基板という「流通量が少ないニッチな屑」の買取をする上で、このシステムが一番シンプルで労力が掛からず、ラクですねぇ。
決済も現金なら領収書貰ってその場で終了、振込も楽天銀行のネット予約なので事務的にも負担は軽いです。

そんなお気楽商売で今年一年、どうなるんでしょうか?
景気は確実に良いですけどね。
今年ブレイクする屑ってなんだろう?

半導体関連は2020年まで一杯の受注らしいです。
その影響で半導体用Si屑が取り合いで単価が上がってるらしいです。
半導体=電子部品=基板ですからね、期待しちゃいます。
ソーラーSiは大したことないみたい。
中国人バイヤーがソーラーセルの屑を欲しがってたなぁ。
古い100MB程度のメモリーが何やら中華の市場で売れてるみたい。
新マザーのBGAも需要があるみたいで、金評価が低い新マザーでも一部高値。
まぁ、私の場合は「狭く浅く」なので、そんなに大きくは変わらんだろうなぁ。。

では、本年もよろしくです。


okuno3939 at 09:38コメント(11) この記事をクリップ!

2017年12月24日

雑品輸出はキビシイけれど基板買取はまぁまぁだな

早いね、2017年ももう終わるよ。
ひたすら基板買いまっくてるだけだったような1年だったなぁ。
ここんとこ日曜も修行で徳=得を積んでいたので、久々に「何もないお休み」になりそう。
まぁ、クリスマスイブって言っても、この歳になると基本何もないからね〜。

■雑品輸出が本格的に止まって、これも困るんだよなぁ。
基板を取り外した「ガワ」の処分に困ってしまう。
廃プラもダメになってるから、尚更だね。
来年以降はどうなるかなんて、誰もわからんから悩んでもしょうがない。
流れに身を任せて、そん時そん時でのらりくらりと生きて行きましょうか。。
あ、そう言やぁ昨日も近所を軽トラの「廃品回収車」が回ってたな。
相変わらず家電4品目も取りますって言って回ってる。
どうすんだろ?

■基板屑は結構順調に集まってますよ。
基本的に無理して買わないスタンスなので、今年は大損が無かったのが幸い。
逆に一発100‐200万超え利益のブツが3本位ヒットしたんで、今期はプラスで終えそう。
ウチの決算は1月なので、あと1ケ月。
まぁ、多少プラスで終わったとしても、そもそも昨年までの累損は1000万を超えてる状態だから、累損が900万位になる程度だろうなぁ。
また法人税払わないよ。
よくそんなんでやってられるよね。。
ウチは超零細企業だから従業員もいないし、広い置場もないし、固定費がとにかく掛かってない会社。
今のように独立する前は、非鉄スクラップ部門、シリコン部門、化学部門、基板破砕部門、他には中古車屋や不動産屋まで持つ肥大化した会社に居たので、その体を維持するための労力たるや・・・
その教訓もあって、私は細々と零細の道を選んだわけだが、どちらも一長一短があるね。
ま、私的には今のような「お気楽な」商売が良いと思ってるのであります。
全て自分の責任ですから、思うようにやれるし誰も文句は言わないし(誰も居ないからね)。
業績が悪くなったら自分の給料を下げるだけですよん。

■私の愛車「ヒノノニトン」は新車で降ろして約4年半、376,000卅りました。
エンジン・ミッションは好調ですが、どうも足回りにガタが来たようです。
フロントのアブソーバーは抜けてシャクリがひどいし、特に左はスカスカ。
同じく左のブッシュもダメでゴトゴトとうるさいし、距離的にはそろそろハブベアリングもダメになりそう。
修理は年明けに予定していますが、そんな足回りなので一般道を極力減らし、高速道路を「鈍行」です。
特に荷物を積んだら80キロ定速走行です。
はっきり言って「遅い」です。
そんな鈍行で、最近一番走りにくいのは「圏央道」ですね。
厚木‐鶴ヶ島間、交通量多すぎです。
さらに遅すぎる70キロ位で走ってる車も居るので、遅い80キロでも前が詰まります。
交通量が多くて中々追い越し車線へ車線変更ができません。
そのうちその70キロの車を先頭に長い車列ができます。
その車列を80キロで追い越そうとすると、自分を先頭に追い越し車線も長い車列となって、後ろの車迷惑だよな〜とか思って「あきらめて」70キロで走るとか、自分だけでなく多いと思います。
でも、時間で走ってる80キロ社速のトラックは、躊躇なく80キロで追い越しを掛けますので、結局追い越し車線も80キロになって、それこそ首都高みたいに低速な高速道路になってしまいます。
たった1台の70キロ走行車が、周辺の100台以上に影響を与えてるんですね。
圏央道は片側3車線は必要な道路だと思いますよ。
ちなみにその70キロ走行車を抜くと、前はスカスカですっごく走りやすくなります。
社速80キロのトラックは結構多くて、そのトラックが追い越しながら後ろの車をせき止めているからだけなんだけどね。

■交通に関して言えば、最近新東名に110キロ区間ができました。
ただ、元々追い越し車線で120‐130キロで走ってる車が多かったので、何度か走りましたが速度感に殆ど変化ありません。
警察としては速度違反の違反キップを切る件数が減っただけかも。。
高速道路も昔と比べて遅い車が増えたな〜って思います。
昔は大型トラックも150キロでぶっ飛ばしていましたからね。

■さて、今年も残りわずかってことで、来年も良い年になるよう期待して、今日は締めます。
では、また来年。



2017年10月21日

基板買取、商売はボチボチでんな〜という感じ

先月9月は結構バタバタと回収も多かった感じでしたが、今月半ばを過ぎるとパタッと静かになりました。
ヒマになるとこのブログも更新されますな。。
こうヒマでも困るんだけど・・・

■金の相場が天井なんかなぁ。
まぁ相場が良いことに越したことは無いんですが、数年間同じものを続けていると、やはり年々品位が低下しているのがわかり、金相場が上がっていても買取価格を上げられない=品位が低下した分、今の相場で買取価格を維持できているという感じになるんですね。
だから、お客さんへ相場が上がった分還元して値上げしたいのも山々ですが、結局据置です。
逆にこの相場が下げてきたら、買取価格も下げざるを得ない。。

上げるのは簡単ですが、下げるのは難しい。
下げればモノが別の業者へ行くこともあるし、上がるまで在庫して出さなくなる場合もあるし、工賃が合わなくなって解体自体をやめてしまったりと、基板屑の集まりに影響が出てきます。

今は中国の雑品規制がキビシイせいで、基板に関しては割と数量が出てる感じです。
ただ、雑品系から出た基板は、茶系(家電系)や半電源みたいな低品位が多くなりがちで、単価が低いにも関わらず目一杯の値段になることも多く、運賃引いたら利益はスズメの涙。
来年以降、中国が雑品系のライセンスを止めたら、大半は国内で処理されることになり、その場合に今迄みたいに解体して基板が出るのか、シュレッダー行きになって基板もろとも行っちゃうのか、どうなるんだろう?

通信系の機器は内蔵の基板が良いので、恐らくは解体されて出てくるんでしょう。
通信基板で1,000円/kgクラス以上が多ければ、解体したほうが合うのではと思われます。
電源系の多い配電盤などは合わないかも?
通信系は値段が高いので(4ケタが普通)、100円/kg超えの利益も期待できるので、増えてほしいところであります。

■配電盤と言えば「リレー」ですな。
私はリレーに関しては、一番多い「銀接点」を基準に買取価格を設定しています。
四角い小さなもの(3センチ位)なら500円/kg、それ以上の大きいもので250円/kg、大小の混ざりで350円/kg態度で調整という感じでしょうか。
昔のクロスバーリレーみたいな銀パラ・金パラは、通常の配電盤には殆ど使用されていないでしょう。
ブレーカーも結構引っ付いてますよね。
ブレーカーは大型のもので壊れてないものは今でも中東や東南アジア系のバイヤーが欲しがります。
私の出番は壊れていて分解された銀接点(正確には銀タングステンの合金)のみなので、活きのバイヤーが欲しがらない壊れたものは、是非お声がけ下さい。
価格は銅ブスバに接点が付いた裸の状態で1700円/kgから〜。

■3日前に浜松沖で自衛隊のヘリ=UH-60が墜落した事故で、ここんとこ朝明るくなる6時前から捜索のヘリが飛び立っていきます。
ついこの間、エアフェスタ浜松が15日(日)にあったばかりで、我が家からはUH-60が飛行している姿も見えました。
この日は残念ながら雨で、お客さんも少なかったようですし、ブルーインパルスも飛べず滑走展示。
そのわずか2日後の出来事ですからね、基地に近い私達も凄く心配です。
元々浜松基地に赴任した自衛官と家族が多く住む地域で、友達には必ず自衛官の子供がいたような非常になじみ深いところ。
昔ブルーインパルスがホンダの駐車場に堕ちたこともありました。
はぁ〜、色々ありますな。

では、今日はこのへんで。

2017年07月29日

基板買取の依頼が増えてきてます

毎日毎日暑いですなぁ。
なんか熱帯の暑さだよね。
働きたくなくなるよー。。

まぁ、そんな事も言ってらんないので毎日引取りに追われてますけど、最近基板の買取依頼が多くなってきてますね。
ありがたいこっちゃ!
でも今日は歯医者に行ってたので、お休みです。
あ、歯周病についてのお話は最後に書きますね。

■基板買取依頼が増えたよ〜って書きましたが、多くは今まで輸出で流れてたブツが出せなくなって、国内に出てきたってゆーことでしょう。
私のところには中国系業者からの話が増えてるので、ま、仲間内からの引き合いが増えてるんでしょうね。
雑品から撤退するところも出てきて、この先数年でこの業界も様変わりしそうです。
基板も黒モーターも中国にとっては「そもそもご禁制品」だったものですから、今になってやっと実現したというところです。
2018年末までは電線類のOKが出てるので、あと1年半。
そのあとどうするの?っていう話題も多いねぇ。
中国の場合急に法律を変えるので、先は読めんしなるようになるしかないわな。
基板屋の私にとっては影響はあまり無いんだけど、電池などの貿易モノが扱えなくなりそうですね。
携帯から外した電池の行き場が無くなるのはさびしい限りです。

■上記に絡むんですが、パチンコ系の話も多いですね。
パチンコパチスロの解体をやってる業者さん、一応「全て国内処理」を謳ってますが、処理台数見りゃわかるとおり100%国内処理なんて無理ですし、そもそも処理コストが全く合わない。
手間掛からず換金率の高い「液晶」や「基板」は国内で外し、残った釘付台枠は中国向けというのが基本。
その中国向けがイケなくなったんで、さて困ったもんだということになってます。
外した液晶はリユースで、メーカー戻しや国内国外問わず売れるので問題無し。
基板は、今までメーカー戻し以外では香港経由中国向けだったものがやはりイケなくなり、最近ケース付の状態での見積もり依頼も多くなってきました。
ただ、今までの貿易価格が圧倒的に高かったので、安い国内価格を前に二の足を踏んでる状態かもですね。
こういう基板を今まで買っていたバイヤーもトンズラしてるって言うし、もうあきらめて国内向けで出していくしかないんじゃないかな〜とは思うんですけどね。

■私の家は浜松ですが、近くに航空自衛隊浜松基地とオートレース場がありまして、毎日爆音です。
ただ、ここに40年も住んでるので、全然気になりませんし昼寝も出来ますよ。
もちろん、この地に来る前から自衛隊もオートレースもありました。
ですから、わかっててここに住んだのですから文句もありません。
年1回のエアフェスタの時は、午前中に「F4・F2・F15の機動飛行」があるもんですから、特にF4はアフターバーナー全開で我が家のテラスのアクリル屋根がビビるほどの衝撃波を伴った「超爆音」で真上を飛行します。
午後のブルーインパルスは機材がT4なので、いつも通りの練習機の音ですから、大したことありません。
我が家の2Fから良く見えるので、楽しみにしてる位です。
ま、うるさいのは間違いないのですが、それが当たり前なところに後からこの地に来てうるさいとか文句を言うヤツが居る。
嫌なら引っ越しゃ良いのにねぇ。
普天間とかも、結局後から引っ越してきた一部の人が文句言ってるだけだと思うんだけど、それを政治的に利用している連中がいるようなので、ま、解決しないね。
こういうことが問題になるんなら、日本全国にある自衛隊の基地全てに問題がないとおかしくなるよ〜な。

■歯周病その後
治りましたよ!ジスロマック(アジー)恐るべし!
治らないと言われる歯周病=歯槽膿漏が一発です。
あれから3か月、再発も無く、歯茎も締まってます。
もちろん歯槽骨が再生されるわけではないのでグラグラは治りませんが、腫れとか膿とか、それに伴う痛みとか、歯茎のブヨブヨとか、一切無くなりました。それも飲んで1週間で。
今まで10年以上痛みに耐え、歯も何本も抜いたのは一体なんだったんだろうか?
たった3日薬を飲んだだけでこうも簡単に治ってしまうとは、これじゃ歯医者も儲からないから処方しないよね。
歯周病で病んでるんならオススメですよ。
もちろん自己責任でお願いしますね。私には合っていただけかもなので。
ちなみに今日歯医者に行ったのは、前歯のグラグラを止めていた接着剤が割れてしまったので、またくっ付けてもらいに行ったのでした。
ジスロマックを飲む前は、この接着剤で止めていたグラグラ前歯は常時膿が溜まる状態で、たまに大きく腫れては膿を出しての繰り返しで、常に痛かったのでした。
今はその痛みも皆無、ジスロマック、スバラシイ!

■基板の話に戻りますが、私はマザーボードも結構頑張って買っておりました。
デスクトップ新旧MIXで500-550とか。
でも、もうムリです。
400で一杯です。
ちなみに400にしてからマザーは一切入ってきません。
安すぎ?
400だと売りたくないよなぁ。
でも、そのうちこの400がスタンダードになると思うけどね。

もうじきお盆だね。
トラックの車検もあるし、今年も10連休かなぁ。。
では〜〜



2017年04月29日

今日からGWですが、基板買取は休みなく営業中。でもヒマ。

そんなワケで、今日から長いお休みに突入ですな。
大体今日29と30休んで1-2は出て、3-7まで休むパターンが多いかと。
毎年のパターンで言えば、この連休前まではバタバタなんですが、今年はヒマやね〜。
私の場合、もう予定は連休明けまで無いので、本日29日から5月7日までフルにGWです。
365日営業なので連休中も関係なく回収にも走りますが、皆さん休みなんで私も基本休みです。
でもやることないので、フレコン2本分の基板の仕分けでもやることにしました。

丁寧にやると、フレコン2本分って一人でやると結構日数掛かりますよ。
鉄やヒートシンクなどの異物取り・電池取りなどをやりながら品位ごとに分けるという工程ですが、基板ハンターは「趣味」の要素が高いので、しばらく眺めてみたり、そこまでせんでも良いやろ!というところまで解体してみたり、バーナーで炙ってみたりと、半ば「バーベキュー」感覚ですからね。

ヒマな連休中にこんな仕分けみたいなことをやって、基板の価値を模索する=基板買取価格にも反映させるみたいな、これも修行のうちですな。
この修行で連休中に「徳を積む」→「得を積む」と・・・

■基板屋業界で話題になっていた、前回記事でも書いた「M社の基板精練アガリのアホ高値」は、どうも終了したようです。
2-3月納入分から出目が劇的に下がった模様で、他のヤマより低い「元の状態」に戻ったという。
このアホ高値期間中に儲けた業者さんも多いかと思いますが、逆に3-4月にこの高値をアテにして仕入れをしてしまった業者さんはヒサンの一言です。
もうマザーは300円位しか出ないみたいなんで、関西に多い650-700円/kgという価格はソク死亡フラグが立ってます。
ちなみにこのM社のアホ出目期間中の累損は100億位だろうと言われています。
日本の代表的なヤマであるJ社やK社が計算したらこんな数字になったとか。
あ〜〜、やっちまったな〜〜〜ってところかな。
これって関係者処分されるんだろうか?
普通なら会社にこれだけ損させたら終わるよね。

■中国向けスクラップが芳しくありません。
雑品についてはこのブログでも概報済ですが、雑線も余分なプラとか付いてるとアウトみたい。
それと香港経由のコンテナでも同じく「ゴミみたいなもの」が引っ付いてると通らない。
今はまだ買い取る業者が多いのでブツ自体は流れているが、今後完全に止まる可能性もあるね。
そこでウキウキしてるのが「シュレッダー業者」ですな。
中には雑品がダメになるのを見越して10年以上前から準備していた業者さんも居ます。
この間に、シュレッダーを掛けたモノを如何に低コストで効率よく分別するか?を研究して、実践を繰り返していたと。
資金力が無いと中々できないけどね。
まぁ、雑品がシュレッダー行きになるなんて30年前に時代が戻ったんかな〜。
中国以外の国に雑品が「コンスタントに」行くようになれば、また変わるだろうけど。

■私は歯周病=歯槽膿漏で4本位歯がグラグラなもんですから、硬いものは食べられません。
今の時期、それこそバーベキューなんか良いんですが、私には食えるもんがありません。
あんな「新玉ねぎ」のスライスみたいなもんでさえ、キツイのです。
先日はたして今、私の歯は何本あるんだろう?と思って数えてみたら、22本でした。
成人の歯は親不知含めて32本らしいので、すでに10本抜いている計算です。
ちなみに虫歯はゼロです。
もう「抜歯のプロ」になったかも知れません。
歯槽骨が無くて今にも抜けそうなのが3本、前歯は接着剤で固定してあるものの歯槽骨が無くてポケット7mmランクが1本、奥歯も7mm2本、80歳で自分の歯が20本あれば結構と言われますが、私の場合、50歳代にて早くも20本以下になりそうです。
ここ10年以上歯医者に3か月に1回通ってますが良くなりません。
このまま一生焼肉もイカもカラアゲもテンプラもホルモンも食えないまま終わるのはシャクだ。
そこで、歯周病に効くと言われる飲み薬を飲んでみることにしました。
なんと原産国はインド、シンガポールから個人輸入でジスロマックという抗生物質のジェネリックである「アジー250mg」という薬を購入しました。
歯周病菌にはクラミジアみたいな性病の菌が原因の場合が多いらしく、そのクラミジアにこのジスロマックという薬が良く効くんだそうです。
日本では処方箋がないと買えないらしく、しかもバカ高いらしい。
歯周病の場合、この薬は3日間飲めばOKっていうことで、本日その3日目。
ま、治らないにしても、痛みが無くなれば御の字だ。
夢は焼肉だ!小さい夢だな。


2017年03月31日

中国雑品規制強化は基板買取業者にとっての朗報なのか?

まぁ、良く知ってる方なら今さらってことなんでしょうけど、中国向けの雑品にとって正念場を迎えているような昨今です。
スクラップやってる人なら、現在の中国向け雑品のヤバさはほぼ浸透しているかと。
まぁ、中国と言えども所詮はお役所仕事、ターゲット=摘発業者はあらかじめ決まっていて「狙い撃ち」みたいな。。

船で送る雑品の中で、今中国当局から狙われてる黒モーターや基板は、実は何年も前からご禁制品です。
黒モーターは規制を掛けた当時、中国国内の最大手黒モーター製造会社の経営者が、確か前中国主席の親戚かなんかで、輸入された中古品が出回ると売り上げが減るから規制された、というのは15年以上もの昔話です。
日本製の黒モーターは優秀で壊れないので、そんな中古品が中国内で流通されては困る。
要は金儲けのジャマっていうことですね。

ちなみに中国製の黒モーターって粗悪品が多くて、私も某ビー〇ーエアコン主力の静岡工場から出た、
動作不良の新品中国産黒モーターの処理(総量1500トン!)をしたことがありました。
そん時は、雑品輸出は検査も無くほぼ治外法権で、スクラップで全量中国は旧台州へバックしました。
その某静岡工場としては新品→スクラップですから大損ですよね。
でも、日本でその中国産黒モーターを使ったエアコンを販売したら、もっと大損していたでしょう。

基板に関しては、古くは温州(ウンゾウ)のIC、タンタル取りや広東省グイユ、その後の花園(ファートゥ)清遠(チンエン)、あの黄色い煙り=硝酸塩酸、薬品公害は確かに凄かった。
基板焼いて、薬品に漬けてる農民の手が紫色してましたから。。
鉛害やゴミもニオイも凄くて、とにかく毒でもなんでも川になんでも捨てるし、規制もわかりますわ。。

そんな昔話もありましたが、今や雑品は「純粋に金属のみ」なモノしか通関できません。
でも、なんやかんやいって雑品の船の中にご禁制品が無いと、逆に受け取る中国側もウマくない。
今までは、基本的に「カネで解決」してきたんですが、そんな常識が最近通らなくなってきています。
ウマくない仕事はやらない。。
そんな感じでシップバックも増えているようです。

シップバックって私も17-18年位前に経験ありますが、これはキツイですよ。
船賃やら港の経費やら、全て往復、倍掛かり、経産省や環境省、所管の税関の追及もキビシイし。
私の時は天津向けの雑線でしたが、積んで送ったのは良かったんですが受取先の中国人が2週間あまり通関切れず、滞留させたあげく逃げてしまって(多分税関へのワイロを払えなかったんだろう)結局日本に戻しましたが、中国での港の滞留経費を払い、日本の諸官庁からはなんで戻したのか?から始まって、踏んだり蹴ったりだったですね。
(中国人の凄いところは、そんな事をしでかしておきながら、1年位してから平然と「久しぶり!荷物ないか?」と連絡してくるところ・・・その前に損した経費払えよ!)。。

私は現在雑品の船送りやコンテナとは無縁の商売ですが、基板類の中では「電源BOX」などの電源系基板はやはり輸出に分がある。
そんな認識ではありますが、ここにきてそれも通用しなくなってきたというところなんでしょう。
あ、そうか、電源BOXはベトナム向けだったっけ。問題ないか。。

基板屋として見れば、雑品の基板が問題であり、それを取り除かなければ通関ムリよ!ということになれば、
国内に還流する基板が増えるからウエルカム!
でも、電源基板は国内では正直要らない。
電源系以外のIC系基板が欲しいというのが本音です。
M社のアホ分析が早急に終わってくれれば、さらに増えるかも?みたいな感じですかね。

そんな感じで動いているスクラップ市場ですが、最近は船積雑品だけではなく、コンテナで送る香港向けや、
廃プラ、生かしの電子部品など、多方面で影響があるようです。

いずれにしても、私みたいに国内オンリーな業者は現在なんの影響もありませんが、今回のことが起因してスクラップ相場が下がったりすると、少なからず影響も出ますね。。
まぁ、当面は雑品から基板を除去してくれる業者が増えることが「ありがたや〜」ってところですが。

では〜。。

2017年03月12日

基板高価買取業者増えすぎで基板の買取価格は天井です〜

あけましておめでとうございます←旧正月も過ぎてんのにアホか?
いやぁ、今年初の更新で、もう3月、春だっつーの。
日曜日、ヒマです。

■表題にあるとおりで、基板の高価買取をする業者が相変わらず増えてます。
業者が増えてるので、価格も高値張り付きの天井状態が続いてますね。
まぁ、国内に関して言えば、非鉄系スクラップの荷繰りが大変なので、この基板屑が代表な「貴金属系スクラップ」の商売に新規参入するという動きがいまだに続いているという感じです。
金も相場は良い状態が続いているからね。
特に海外輸入モノは一部の商社が暴走しているみたいで、世界中に営業マンを送り出しては高値出して集めまくっています。
でも基板の値段なんて、最終的にはヤマの「ギャンブルな価格」で決まってるので、仕入れ値を上げることは結局は利益減らしてリスクを高めてるだけというのが普通なんですが、今回ばかりは一部ヤマの後ろ盾が関係しているようで・・・。

■昨年の秋ごろから、付き合いの無い一部のヤマ=M社の出目が急に良くなり、関西を中心にワシが売りたくなるようなアホな高値買いが散見。
これはM社がサンプリング方式を変更したことによるものらしいのですが、他のヤマの平均の出目と比べると突出して高い=濃い数字が出ているようです。
一番わかりやすいパソコンのマザーボードで言えば、鉄ソケットのカラー系新マザーはせいぜいAu80-100g/t程度なので350-450円/kg程度の価格のはずですが、そこでは400g/t=1600円オーバー出たこともあるとか。
そのため関西方面の一部で、リスクを見ながらでもマザー買取650-700円/kgの買切り価格を出す業者がいるそうな。
この価格も、M社の出目が他のヤマに比べ平均でも1.8倍高く出てるらしいので、それを担保に700円で買っても通常400円の1.8倍なら800円程度は見込めるため、なんだろうね。
テレビ基板で60g/tって言うから、250円/kg位になっちゃうよね、こりゃ異常だよ。
これにうまく乗れた業者はボロ儲けだよね。
でも危ういよね〜。
M社にしても、いつまでもこの異常に気付かず赤字を続けては行けないと思われるので、そのうち元に戻るでしょう、っていうか、もう戻ってるかも知れないし。
しかも元に戻ったら、M社の場合他のヤマより出目が低いからね。
業者も怖いのは、元に戻ったタイミングでもし輸入モノで買切り高買いした基板をコンテナ2本とか入れていたら、イッパツで1000万級以上の赤が出てしまうというところでしょうね。
国内でも大型1車13トンで入れてたら、500万クラスで損しますよ。
量が多ければ多いほど、バンザイ級の莫大な赤字を抱えることに。
そんで、その基板の高買い業者の、その値段をアテにして集めていた下の業者も赤字で出すしかなくなってしまう。
まあ、昔から基板リサイクル業なんて、儲かっただ食らっただ、そんな事の繰り返しですな。

■都市鉱山で金メダル。
なんか聞いたら、そんなもん一つの山元で10日もあれば全量できちゃうって。

■携帯電話(ガラケー)の電池付は、市中大体1200円/kg程度です。
裏蓋取って電池を抜き、でっかいストラップを取って市中大体1400円/kg程度です。
ヤマで1600-1700円/kg平均かな。
ですが、市中で特に中華系業者から電池付ストラップ付のガラケーを買うと、もれなく「モック」「デジカメ」「スマホ」「省電力無線機」「普通電話の子機」「テレビのリモコン」「WiFi」などなど混入しているパターンがほぼ99%。
これらの混入されたガラケー以外の物だけで重量比5%以上ある場合もあります。
今まで買って、中華系で何も混入が無かったことは一度もありません。
この場合、1200円/kgで買うと足が出る危険がありますが、同業者が買う値段も似たり寄ったりで、これ以下の安いことを言うと売ってくれません。
これで買って、電池取りをして、ガラケー本体は解体賃込みでトントン。
電池を売った分が利益という程度です。
国内のきちんとした業者さんから買う電池無しでも、1個2個は電池が付いている場合がありますから、中々難しい問題ではあります。

■小型家電リサイクルの実態
一部自治体では、集まった小型家電をまんまJX敦賀に持ち込んで焼くだけ。
1ロット10トン以上でも焼賃が持ち込み重量に対し50円/kg掛かるので、10トンだと50万。
つまり、10トン分を焼いた灰の価値が50万以上でないとプラスにならない。
灰になって仮に半分の5トンとなった場合、100円/kgの価値が出てやっとプラマイゼロということですな。
まぁ自治体の場合は税金でなんとでもなるので、結果マイナスでも問題ないんだろうけどね、リサイクルはされてるわけだし金メダル(笑)になるし。
手バラシして膨大な赤字を出し続けるよりかは良いんでない?

■さて、今年はどうでしょ?
金も比較的安定してるし、ま、こんなもんかね。
明日のこともわからんのに、今年がどうなるかなんてわからんわな。
そん時そん時でテキトーに生きていければ、それでOKでしょう。
まぁ〜私はそこに基板があれば買って、売るだけ。
明日は明日の風が吹くってことで、また今度。。


2016年11月23日

トランプ相場が全くカンケー無い基板ハンター

今日は祭日、名古屋での半日ハンティングも終わって、昼からヒマこいてます。
チョー不定期更新なので、もう11月も終わりそうなのに今年やっと5回目の更新となりました。
もうこのブログ見てる人も少ないんだろうね〜。

あ、そうそう、今日は祭日なので普通車だと高速道路が30%OFFなんですね。
浜松西インターから名古屋の入口である伊勢湾岸豊明インターまで1580円でした。
往復3160円使って、燃料(軽油)は多分20リッターも使ってない位で約2000円、計5000円位。
さすが4ナンバー2トン車、経費掛かりません。
時間的にも片道1時間チョイなので、積込みしても昼には浜松に戻っております。
そんな、半日でぷら〜っと1.5トンの仕入れで100万使いました。
これが110万になれば御の字だけどね〜、多分105万とかだろうなぁ。。

基板屋業界では、今回のトランプ相場は殆ど影響ありません。
銅建値がズドーーンと660円まで上がりましたが、基板の銅含有はせいぜい20%-25%。
滓価格基準になるんで、そもそも安いからあまり大きな変動はありません。
心配した金価格も、海外はoz$1300から1200までドッカン下げても円安に助けられて国内はあまり変わらず。
よって、株が上がろうが地震が来ようが今んとこ基板価格はほぼ変動無しと。

あ、金メッキのリードフレームみたいに燐青銅90%以上みたいなスクラップになると、多少銅価格も計算に入っているので、これはチョイ上げ。
基板・貴金属スクラップの、この「調達=仕入れ安定感」だけはすこぶる良いですね。
お客さんにとっても数年間価格が大きく動いていない基板系スクラップを売惜しむ意味がそもそも無いしね。
そこそこ量が溜まればソク現金交換!それがグッドです。

私の場合、もうここ何年も基板の買取価格は固定価格となってます。
お付き合いの長いお客さんだと、私は積込みだけして価格の入った請求書を貰うだけ。
そんで帰ってから、その金額を振り込むだけ。
よって、フレコンの中身も見ていない場合も多々あります。なんつーいい加減な・・・
ま、それは「信用」ってヤツですかね。
きちんとしたお客さんは、やはり仕分けなどもしっかりしてますので、中見なくても大体OK。
仕分けが「中国品質」なお客さんの場合は、中身を「掘り下げて」見て価格交渉ですね。

私も個人で独立した当時は、結構な割合で非鉄金属も扱っておりました。
多い時は売り上げの半分がアルミ・銅系の非鉄スクラップ類だったりしてました。
ニッケルやチタン、金属シリコンやら超硬やら、まー色々と触ってました。
でも最近では、昔からのお付き合いのお客さん以外で、アルミやら銅屑やらを扱う事がほぼ無いため、いわゆる非鉄系のLME相場とか、あまり気にしてない自分が居ります。
というか、気にしてもしょんないです。

銅建値は660円になっても、需要家がそんな高値ベースの値段で買わないので、実質の頭は月間アベの600円チョイっていう感じみたいですね。
でもって、建値550円近辺の時から「銅屑要らない」ムードでしたので、ピカ線あたりは買い止め状態のところもあるようです。
真鍮や砲金も大手バルブ会社など需要家の原料在庫がダブダブにあって、あえて高い原料を買う必要がないという。。
相場が上がってもその値段で売れないんじゃ上げて買うわけにはいかないし、結局は「実勢価格」が一番重要なのであります。

そういや、このブログのタイトルは「裏事情」なのに、裏事情のことを書いてないですな。
前はそれこそ「横流しネタ」は良く聞きましたが、最近はすぐバレるためか、件数減ったんですかね。
そもそも書いてはいないんですが、他のスクラップ屋の有力社員の移動(転職)の話とか、スクラップ入札の談合とか・・・
そういった裏事情的なネタが最近無くなってきました。
私自身の裏事情でいえば、5000円で仕入れたブツが100万円になっちゃいました的なネタが裏事情かも。
そんな儲かる裏事情、書けるハゲが無いわな。。
100万円が70万円位になっちゃうネタはナンボでもあるけどね、それ3回で儲けが全部飛ぶっつー。

さてさて、そうこうしている内に今年もあと1ケ月チョイとなりました。
来年はいよいよトランプ大統領発進!
金銀相場に追い風が吹いてくれれば良いんだけどね〜。
あ〜、そんで1月にワシも53歳になるし、忘れっぽさにさらに磨きが掛かりそうだなぁ。。
では。。


最新コメント
スポンサードリンク


このブログを登録

みんなのプロフィールSP





BBS7.COM
MENURNDNEXT



BBS7.COM
MENURNDNEXT